FC2ブログ
日本は面白い。風の吹くまま、気の向くまま、神社を中心にあっちこっちふらふらしてます。
page top
2018祇園祭(前祭)を振り返る
ただいま祇園祭の後祭中ですけれども、私のお手伝いは先週で終了したのでまったりしつつ今年の前祭を振り返ってみる。
IMG_0888_.jpg
今年はなんといっても暑かった…
なんのかんので祇園祭のお手伝い3年目。
毎年暑いのですが、今年は本気で生命の危機を感じたなー。
それでも無事に乗り切れてよかったです。
これぞ神恩。

宵山の人出はどうも去年よりは少なかったようですが、岩戸山の粽の売れ行きは去年よりペースが速かったですねぇ。
宵山の3時前くらいに売切れてしまって、お客さんが「よそでも売り切れてたのよね~」とボヤいていたので、全体的に良く売れていたのかな…?

私も長刀鉾の長刀に粽ついてるやつと、長刀鉾の巾着が突然欲しくなって宵山の日の夕方頃見に行ったら、長刀鉾の売り場がすっからかんになってて戦慄しました。
そういや長刀は去年、平日の昼間から売り場で列ができてましたね…
長刀グッズが欲しいなら13日に行くべきでした。無念。

というわけで今年の戦利品。
IMG_0905_.jpg
月鉾のお願い袋とバンダナゲット。
月鉾町の法被にヤタガラスが描いてあって、いつも見るたびにいいなーカッコいいなーと思ってたら、そのヤタガラスのバンダナが出てるのを知り衝動買いしました。
カッコいいよねヤタガラス。

お願い袋はネットで「願い事を書いた紙を入れると願いがかなう」というのを見て袋を開けようとしてみたのですが、
開かへんやん。
隙間からねじ込むんだろうか?
匂い袋の中身をつめて持ち歩こうと思ってたのですが…無理そうなので、素直に願を掛けておくかー。

IMG_0891_.jpg
岩戸山手ぬぐい買ってしまった。
巡行の人たちが↑を持ってるのを見てると欲しくなっちゃうんですなー。

その他。
IMG_0893_.jpg
そういえば去年、山伏山で蛍丸サイダー買ったなーと思って、宵山の昼頃に山伏山を見に行ったのですが、今年は蛍丸サイダーなかった。
ていうか山伏山にくまモン来てたのか…
祇園祭 山伏山に今年もくまモン

というわけで今年は行き当たりばったりだったので割と空振った祇園祭でした。
祇園祭を楽しみ尽くすには、事前の情報収集と綿密な計画が必須ですねー。
あと、粽が絶対欲しい人は宵山午前中までにゲットしましょう。
(長刀鉾は午前中で売り切れるらしい)

後祭も無事に終わりますように~。

スポンサーサイト
page top
???!
ちょ待っ…何を言ってるのか理解デキマセン。

“深海氷翔王女”伊藤みどりに、無良崇人提督の艦隊が立ち向かう!?  「艦これ」鎮守府“氷”祭り in 幕張特設泊地 -氷上の観艦式-

えーと?
どうしてそうなった?

「艦これ」はスケオタを取り込むつもりなんですかね?
なんでスケオタに白羽の矢を立てたし?
誘惑ヤメテー。オレはもう刀剣でいっぱいいっぱいなんだ。
いったい何が起こってるんですかね…(白目)

page top
コンチキチン。
祇園祭の先祭、宵々山です。
昨日、仕事帰りに宵々々山をちょっと覗いてきたのですが、暑さがやばかった…
今日、明日、明後日と祭りのお手伝いなのですが、倒れないように気をつけたいと思います。
そんなわけで多分、今週の更新は無理でーす。
皆さんも熱中症にお気をつけてお出かけください。

page top
ちーまき巻き巻きー
JR西日本の奈良線がとっとと止まってるのに対して、元気に走ってる京阪と近鉄。
しかし、私が仕事に行くには、木津川と宇治川という二つの川を越えないといけない。
今、大丈夫でも帰ってこれるかわかんないので、仕事サボりました。
とゆーわけで、今日は刀剣乱舞で蛍狩りに勤しみたいと思いますw

6月23日の話。
今年も祇園祭の粽準備のお声がかかったので、朝から京都市内へ。
祇園祭のお手伝いの前にちょっと寄り道。
6月下旬だったので、神社に夏越の祓えの茅の輪が設置されてました。
IMG_0875_.jpg

再びやってきました西国三十三所の革堂。
IMG_0878_.jpg
蓮が咲いてました。
蓮の花をまともに見るの、もしかしたら初めてかもしれない。
ちょっと得した気分。

前回もらい忘れた御本尊御影をいただいてきました。
IMG_0881_.jpg
そういえばこの千手観音、岩というか崖?の上に立ってますねぇ…
やっぱり観音様は崖の上に現れるものなのか。

無事に用事を済ませて本日のメイン、祇園祭の準備に向かう。
IMG_0879_.jpg
この粽の山にひとつひとつ紙を巻いてきれいにしていきますよー。
慣れたら20秒くらいで…とは去年も聞いたセリフだけど、いまだその境地には至らず。
今年も物販、いっぱい売れるといいな。
物販の売り上げは自分とこの山の修復費などとして積み立てられるそうです。

祇園祭は主催団体として祇園祭山鉾連合会が一応あるものの、連合会が面倒を見てくれるわけではないので、自分とこのことは自分でやらないといけないという。
というわけで、鉾以外の山も応援よろしくお願いいたします。

page top
岐阜県博物館「兼定展」見てきました。
なかなかリアルタイムに追いつきません。
6月10日の話。

この日は早起きして名古屋へ行き、名古屋から高速バスに乗って岐阜県博物館へ行ってきました。
IMG_0871_.jpg
先月終わっちゃいましたが兼定展、見てきましたよー。

岐阜県の関といえば刃物の町!
兼定はその関を代表する刀工の一派です。
関の刀工だと現代では孫六兼元の方が有名なのかな?包丁とか貝印の爪きりとか。
ちなみにウチの包丁も関の孫六だし、貝印の爪きり(足用)も持ってる。めっさ良く切れますw
その兼元一派と双璧をなすスゴーイ刀工が兼定なんだそう。

この兼定展は4月末からやってたのですが、6月に入ってから見に来たのには訳があります。
そう、6月2日からは土方歳三の愛刀「和泉守兼定」が東京から出張してたのだー。
土方歳三の和泉守兼定はいつか見に行きたいと思ってたんですよー。
そしたら兼さんの方から岐阜まで来てくれるとか、これはもう見に行くしかない!ということでがんばって行ってきました。

会場に着いたのがちょうど11時で、この日一回目のギャラリートークに間に合ったのでギリギリで滑り込み。
日本一の11代兼定コレクターによるトークだったのですが、愛が溢れてて面白かったですw

ギャラリートークが終わってから、いよいよ展示室へ。
入口近くに土方歳三の和泉守兼定(=11代兼定)が展示されてたのですが、そちらはあとのお楽しみということで順番に見ていきます。

兼定というのは一人の刀工ではなく、代々兼定の名前を受け継いでいた刀工の一派で初代~12代(戦国~明治)までいるらしく、中でも2代、4代、11代あたりが特に優れているそう。
今回の展示では2代、3代、11代がメインの展示だったので贅沢でした…。

大体時系列順に刀が並んでるのですが、5番目くらいでいきなり兼定一派のレジェンド、2代目兼定こと之定(のさだ)が出てきて最初からクライマックス。
2代目兼定といえば、戦国武将の細川忠興の愛刀「歌仙兼定」が有名。
というかそのせいで兼定のブランド価値上がってる部分はあると思う。
細川家が関わると大体ブランド価値上がってるよねー。それだけの目利きってことか…

2代目兼定の頃の刀は、大まかな傾向として肌が見た感じザラザラしているのですが、2代目兼定の優品になってくると綺麗なお肌(笑)で、素人目では幕末の11代目兼定と見分けるのは困難かなーと思いました。
でも、2代目は字が個性的(笑)だったので、銘を見れば私でも高確率で2代目を当てられそうな気がする!

それにしても…この展示は之定多かったなー。
有難がられっぷりからなんとなーく2代目兼定の刀って数が少ないのかと思ってたのですが、めっちゃ多いやんと思ってしまうくらい充実してましたね…
でもたぶん、兼定の刀が50近く集まってたこの展示が異常事態だったんだよね?

そしてやっとこ11代兼定の展示なのですが、これがまた充実してるのなんの。
兼定展を見るまではなんとなく2代目の作品がいちばん良くて、11代目はそこまでは…とか勝手に考えてたのですが、その考えは間違いだったんだなーということはよくわかりました。

あと、11代兼定の作品で面白かったのが銘。
11代目も2代目と同じく、ウ冠に之の字を切ってる。
ウ冠に之の字を切る、という情報だけを持ってて11代目の刀を見たら「これが之定(=2代目)か!」って勘違いするよなコレ、と思いました。

で。
司馬遼太郎の「燃えよ剣」に土方歳三の和泉守兼定の記述(上巻 浪士組の章)があるのですが。
↓以下引用↓
”二代目である。いわゆる大業物兼定は、異称ノサダといわれている。刻銘を、兼定とせず兼(ウ冠に之)と切るのが癖だったからで、文字を分解して之サダというのだ。”
↑引用ここまで↑

土方歳三のは2代目(之定)でなく11代目ですよー。
あと2代目は大業物でなく最上大業物ですしー。
さらに、「燃えよ剣」では土方歳三が和泉守兼定を手に入れたのは京都に行く前という描写がありますが、土方歳三資料館蔵の和泉守兼定は慶応3年(1867年=大政奉還の年)の作。
その土方歳三資料館蔵のものとは長さの違う和泉守兼定(現存せず)も持っていたらしいのですが、そっちは会津藩主から下賜されたと伝わっているそうなので、そっちも京都以前に手に入れていたとは考えにくいかな。

土方歳三が和泉守兼定(土方歳三資料館蔵)を手にしていたのは、亡くなるまでの二年ほどの間だけ。
土方歳三資料館蔵の兼さんは池田屋事件も未経験だったんですねぇ…

ギャラリートークで11代兼定の略歴をもらったので、土方歳三の動きとあわせて箇条書きにしてみました。
兼定年表_
実は同年代で、同じ年に京都へ来ていた11代兼定と土方歳三。
11代兼定は新撰組の後ろ盾でもあった会津藩お抱え刀工であり、会津藩士でもあったそうなので、もしかすると京都時代にすでに二人は面識があったのかもしれません。
もしかしたらそのときに土方が11代兼定に作刀を依頼してたりして、それで慶応3年に幕臣になったお祝いに届いたりとかして…と膨らむ妄想w
土方歳三資料館蔵の和泉守兼定は池田屋には間に合わなかったけど、戊辰戦争は土方と共に戦ったということで!

ちなみに土方歳三、↑の1868年甲州勝沼の戦いで負傷したあと、会津で療養してたらしいのですが、その時期に11代兼定も会津に戻ってたらしく、この時期も二人が会う機会があったかも?とのこと。
歴史のロマンですねぇ…
さらにの蛇足ですが、11代兼定は明治の俳優 阪東妻三郎に似てたそうな。
調べたら男前…天才刀工で男前とか、なんだタダのチートか。

とまぁこんな感じで勉強になりました。
司馬遼太郎は小説書くとき、ものすごーくたくさんの資料を集めて書いてたという話を聞いてたので、勝手に史実に近い小説なのかと思ってたのですが、あくまで小説は小説ということだったのですね。
でも、司馬遼太郎の小説のおかげで新撰組の人気が出て、子孫の方が堂々と資料館やれたりするのは良かったと思う!

さてさて、その土方歳三の和泉守兼定。
美刃さんやった…
函館から義理の兄の下へ届けられたときは刃こぼれしていたとのことですが、現在のものは綺麗に研いでもらって刃こぼれのあとはわかりませんでした。
大事にしてもらってきたんだなぁ。

今回、念願の土方歳三の和泉守兼定を見られたわけですが、兼定展に来ていたのは刀身だけだったので、拵えも見るならやっぱり土方歳三記念館へ行かなきゃいけないとゆー事で、そっちもそのうち行けたらいいな!
はるばる行ったかいがありました兼定展。

実はこの時期、関鍛冶伝承館の方で孫六兼元の展示もやってて、しかも岐阜県博物館からは無料シャトルバスも出てたのですが、さすがに二つの展示をはしごするのはしんどいなぁということで、兼定展見たあとは名古屋に戻ってウイロバー買って帰りました。

© 山羊座の観測所. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG